投資家のための利益

セルフパワーのオートメーション規格は、無限のフレキシビリティーを提供します。

エンオーシャンのエコシステムにより開発された製品は、商業用建物の所有者の投資を保護すると同時に、スペースを管理する上で思いもつかないフレキシビリティーをテナントへ提供することになります。

セルフパワービルオートメーション規格は無限のフレキシビリティーを提供します

フレキシビリティーは、投資家が商業用建物に求めるものの中で最も重要なことです。完成したビルがただ1人の顧客にただ1つの目的で使用される時代は過ぎ去りました。特に、生活ペースの速い大都市では、ビル関連の方々にとって、商業用建物をできるだけ早くかつ最小限の労力で改装できなければなりません。

フレキシビリティーと適応性を維持し、最小限の費用で次のテナント向けに対応できるという点からセルフパワーの無線スイッチとセンサをベースにしたビルオートメーションソリューションが、新しい時代に求められるものです。このシステムには最新の無線通信プロトコルが採用されており、さらに重要なことは、必要な電力を自ら生成するということです。つまり、電池に依存していません。

その結果、投資家には新しい商業ビルに設備導入する場合、今までにはないフレキシビリティーがもたらせます。 例えば、目的や用途が決まっていないスペースに、ケーブルを敷設することなく、1つまたは2つの室内用温度センサ、照度センサなどの複数の送信機、および照明とシェーディング用のスイッチの設置が容易にできます。テナントは、これらのシステムに自由に追加設置でき、ビル制御技術に統合することができます。

スマートなシナリオ、インテリジェントなデータ分析

実用的であるだけでなく、まったく新しいスマートなシナリオも可能にします。 たとえば、照明のスイッチを直接ワークステーションなどのPCに取り付けるか、あるいは入口にマスタースイッチを設置することができます。 さらに、高価でないセンサは室内環境を正確に監視することができます。すべてのセンサノードからのデータは中央システムへ送信され、中央システムで要件に応じてフィードバックします。この場合のシステムは温度情報に限定されず、例えば、適切なセンサを使用することにより、電力消費料、空気の品質または機器の使用頻度などを分単位で検出できます、建物の運営者またはテナントはこれらの情報を利用できます。

大事なことは、データそのものが特定の目的に結びついていないことです。 テナントまたはオペレータは、分析のためにいろいろな方面から情報を使用することができます。 投資家も同じように、長期間に渡ってその資産の価値を追跡することができます。 例えば、モノのインターネットのような技術が新しいビジネスモデルを創生するように、後の時点でデータを再度評価することさえ可能です。

投資家のための利益

時間の節約

コストメリット

フレキシビリティー

将来の(成長の)可能性

TOP