持続可能性

エネルギー効率が高く、より健康的で安全な世界への推進力を先導する

建物は私たちのエネルギーの40%を使用し、CO2排出量の36%を占めています。国連やその他の気候目標を達成するためには、既存の建物ストック全体を改造することを含め、建物のエネルギー効率を高めることが絶対に必要です。セルフパワードワイヤレスが当然の選択である時代において、EnOcean Allianceは、エネルギー効率が高く、より健康的で、より安全な世界への推進力を先導しています。

実践における持続可能性

進行中のCOVIDの大流行はまた、空気の質、照明レベル、温度、および占有レベルの監視と制御を含む、従業員の健康とウェルネスに対する意識を高めています。

私たちの会員企業にとって、持続可能性は行動が続く中心的な取り組みです。以下を読んで、企業が持続可能性の目標をどのように実施しているかを確認してください。

“When it comes to sustainability, Microsoft has set itself the goal of becoming CO2 negative by 2030. In addition, the company wants to remove all emissions from the environment that the company has made since it was founded in 1975 by 2050.” Thomas Frahler, Business Lead IoT Azure BG at Microsoft.
Thomas Frahler, Business Lead IoT Azure BG at Microsoft.

In 2021, T-Systems joined the Climate Neutral Data Center Pact, an association of data center operators and trade associations committed to the European Green Deal. Sandor Modsching, VP New Work/ Work Digital at T-Systems Multimedia Solutions.
Ulrike Voljenik, Head of Business Area New Work, T-Systems MMS.

インフォグラフィック

ビデオ

セルフパワーのワイヤレススイッチ、センサー、およびコントロールがどのように設置コストと時間を削減し、エネルギーの効率的な使用を可能にするかをご覧ください。

もっと詳しく知る⇒

持続可能性のための50のグローバルリーダー

ビデオを見るにはクリックしてください

TOP
});