利点

ビルオートメーションおよびスマートハウス向けセルフパワー無線スイッチおよびセンサ

長年にわたりビル制御アプリケーションに無線センサが使用されていますが、メンテナンス作業の1つである電池交換はプロフェッショナルなビルセンシングソリューションにとって高価すぎます。 今日では、運動エネルギー、光または温度差による電力によるバッテリレス無線ソリューションを採用することが可能です。 何百万ものバッテリレス無線センサが世界中の建物ですでに動作し、データを測定し、インテリジェントシステムと通信しています。 このシステムによりエネルギーの40%が節約され、設置コストについてはかなりの割合で削減されています。

規格を跨るフレキシブルなソリューション

さらに、バッテリレスのソリューションは、WiFiを介して通信するすべてのシステム、およびゲートウェイ経由でイーサネット/IPKNXBACnet、またはLONに簡単に接続できます。 エネルギーハーベスト無線ソリューションは、他のプロトコルと組み合わせて、個々の要件に最適化されたシステムを提供することもできます。 これにより、いろいろなメリットがもたらされ、ワイヤレスハーベスティングソリューションが複数のビルオートメーションシステムと連動することが可能になります。

ノーワイヤ.ノーバッテリー.ノーリミット.

エンオーシャンアライアンスは、持続可能なビル及びホームオートメーションのためのセルフパワー無線スイッチ、センサ、およびコントローラに最適化された唯一の無線規格であり、この規格の採用により建物のエネルギー効率がより高く、よりフレキシビリティーが富み、コスト効果が高くなります。

ノーワイヤ

サブGHzの無線周波数を使用するエンオーシャン無線通信規格(ISO / IEC 14543-3-1X)は屋内で30m以上の無線通信が可能でありビル用途として最適です。いろいろなメーカーの相互運用可能な製品の無線周波数は、ヨーロッパと中国では868MHz、北米では902MHz、日本では928MHzです。

ノーバッテリー

エンオーシャンアライアンスのソリューションは、運動、光または温度のわずかな変化から生成されたエネルギーを利用します。 運動、光または熱による動作するため、スイッチ情報、温度、水検知または存在検知などのセンサ情報の収集のための配線や電池は必要ありません。

ノーリミット

エンオーシャンの無線規格を使用するセルフパワー無線センサとスイッチは、持続可能なビルアプリケーションに最適です。 エンオーシャン無線ネットワークは世界中で40万件以上の建物に設置されており、世界で最も広く使用されかつ最も市場実績のある無線ビルオートメーション規格になっています。

利点の概要

新築で15%のコスト削減、

改装で70%のコスト削減、

40%のエネルギー節約

無限のフレキシビリティー

エンオーシャン無線規格の利点

TOP
займ на карту