モノのインターネット

エンオーシャン規格は、他の規格と容易に接続することができ、モノのインターネット(IoT)を実現できます。

モノのインターネット(IoT)は徐々に具体的になってきています。 テクノロジーは、日々の生活をより簡単に、より安全に、より快適にする包括的なネットワーク形成に向かっています。エネルギーハーベスティングのスイッチ、センサおよびアクチュエータは、数十億のデータ取得および送信するポイントであり、IoTに必要な情報を提供する重要な部分を構成しています。

異なる規格間のシームレスなコミュニケーション

異なる規格間のシームレスなコミュニケーション

ソファーに座っている時、エネルギーハーベスティング無線スイッチを押すだけでインターネットに接続され動作するスマートな冷蔵庫はターボモードにすることができます。数分後、リンゴジュースは冷たくなります。 これは、異なる規格間のシームレスな通信によって可能になる新しいアプリケーションのほんの一例です。他のシナリオとして、IP対応カメラはエネルギーハーベスティングセンサとネットワーク化され、水漏れ検知センサは洗濯機または水道バルブと通信したり、あるいはそれぞれの住宅は居住者の要望に応じた最適なエネルギー消費になるように制御されるようになります。

スマートビルディングに関するプレゼンテーションとEnOceanに関する資料

プレゼンテーション

コグニティブビルディング (IBM & EnOcean)

EnOcean over IP at CES 2017

TOP
займ на карту